お金が貯まらない原因 貯められない人の特徴とは?

お金が貯まらない原因 貯められない人の特徴とは?

 

 

「収入はある程度あるのにお金が貯まらない、貯められない」そんな人はいませんか?

 

 

お金が貯まらないのは必ず原因があります。
お金を貯められない人の特徴というのがあります。

 

 

お金に嫌われているとお金が貯まらないし、貯められません。

 

お金が貯まらない、貯められないという人は、自分の生活習慣を見直してみる必要があります。

 

 

原因を突き止めて、それを改善していくことで、金運が上がっていきます。

 

お金が貯まらない原因は部屋が汚いから?

 

 

 

 

掃除をしていない汚れた部屋に住んでいるとお金が貯まりません。
お金が入ってきたとしてもいつの間にか出て行ってしまいます。

 

 

・キッチンの油汚れ
・電化製品の裏にたまったホコリ
・水回りのカビや悪臭

 

これらは金運を消してしまうそうです。

 

 

賞味期限切れの調味料や食材を冷蔵庫などに入れっぱなしにしているなどは、お金が貯まらない原因になります。

 

 

水回りやキッチンにカビが生えていないか?
収納スペースや靴箱はカビ臭くないか?

 

こういった部屋の汚れをチェックしてみてください。
気になるところはお掃除をしてキレイにしましょう。

 

 

それと、クローゼットや収納スペースの中がぐちゃぐちゃになっていませんか?
キチンと整理されていますか?

 

整理されていないと、お金を呼び込むパワーが弱まって貯めることができません。

 

お金が貯められない人の特徴とは不潔な人?

 

不潔な人、血液がドロドロの人などは、淀んでいるので金運に嫌われるといわれています。

 

 

また、姿勢が悪い人もお金を呼び込む力が弱くなります。

 

体の中で金運が宿る部分は、女性は胸、男性は背中。
背中が曲がっていたりすると「金」の気が入りにくくなり、お金が貯められなくなります。

 

 

背中が曲がらないように意識して、胸を開くように心がけましょう。

 

 

金運って、家の中の状態や体の状態まで関係してくるんですね。

 

もし気が付くことがあるなら、あなたのできることから改善してみてください。

 

 

>>「金運がないのは財布の使い方が原因?お金が貯まらない財布とは?」のページに進む

 

>>「開け運!金運アップお助け情報局」TOPに戻る