普段お財布に入れておく金額はいくらが最適?

普段お財布に入れておく金額はいくらが最適?

 

あなたが普段使用しているお財布にはどれくらいの金額が入っていますか?

 

 

お財布に入れておく金額によってお金の流れが変わってきます。

 

 

いくら入れておけば良い!という決まった金額があるわけではありませんが、
「できるだけたくさんのお金を入れておいたほうが良い」ということだけは確かです!

 

 

では、どれくらいの金額を入れておけばお金の流れが良くなるのでしょうか?

 

 

目安としては「10万円」です。
お金の格から考えてみても「1万円札」を多めに入れておいたほうが良いそうです。

 

 

 

 

 

たくさんの現金が入っていればお財布をつねに意識するようになりますし、お財布やお金の扱いもていねいになります。

 

 

この「ていねいに扱う」ということがとても重要です。
気遣ってていねいに扱うことで、お金もお財布もよろこびます。

 

 

あなたもそうではありませんか?
思いやりのない扱いを受けるよりも、気遣ってくれるほうがうれしくないですか?

 

 

それにお財布につねに10万円程度の現金が入っていれば、想定外のことが起きてもあわてなくて済みます。
何かあってもだいじょうぶだと思える金額を目安にするとよいそうですよ。

 

 

また、お財布に大金が入っていたほうが、落としたり、なくしたりすることも返って少なくなるそうです。

 

「類は友を呼ぶ」法則

 

「類は友を呼ぶ」ということわざがあります。
これは、気の合った者や似通った者は自然に寄り集まるという意味があります。

 

 

お財布の中にお札がたくさん入っていると「類は友を呼ぶ」の法則が働いて、さらにお札がどんどん呼び込まれてくるようになるそうです。

 

 

お財布につねに入れているお札は使ってください。
お札を補充するときは、そのお札をいちばんうしろにまわして循環させましょう。

 

 

金運を上げるために、お財布の中にはつねに10万円のお札が入っているのが理想ですが、
それが難しい場合は、最低でもお財布の値段以上のお金を入れておくようにしましょう。

 

 

お金持ちのお財布にはつねにたくさんのお札が入っているので、どんどんお金が呼び込まれてくるんですね。

 

 

一般庶民はお金持ちほど大金を入れることができなくても、自分のできる範囲でお金持ちのまねをしてみること、行動することが大切です。

 

 

>>「お財布の中のお札の定位置を決めるとお金の流れがアップする!」のページに進む

 

>>「開け運!金運アップお助け情報局」TOPに戻る