金運がいい人、悪い人の違いとは?

金運がいい人、悪い人の違いとは?

 

金運がいい人と悪い人とは何が違うのでしょうか?
その違いとはお金を使うときの心の持ち方にあります。

 

 

 

 

 

金運のいい人は、
・これを買ってよかった
・美味しいものを食べられてよかった
・旅行を楽しめてよかった
・喜んでもらえてよかった
というように、自分が「よかった」「楽しかった」と感じられるお金の使い方をします。

 

 

自分の心が楽しめたり、豊かになるために使うとお金が喜びます。
これがお金を生かして循環させる使い方なのです。金額の大小は関係ありません。

 

 

お金が喜ぶ生きたお金を使っているとお金が循環していきます。循環していく間にほかのお金を呼び込んでたくさんのお金となって戻ってくるようになってきます。

 

 

逆に、金運の悪い人とは、
・買って損をした
・買わなければよかった
・お金を使うのがもったいない

 

などと、後悔したお金の使い方をして、お金にネガティブな気を植え付けてしまうだけでなく、お金に嫌われてしまうようになります。

 

 

このようなネガティブなマイナスのエネルギーを発していると、お金を使っても戻って来なくなり、お金は循環しなくなります。金運が悪い人になってしまうのです。

 

 

義理立てしてほしくないものを買ったり、付き合いで飲みに行ったりということも、自分が楽しめないお金の使い方です。

 

人の意見に左右されない、見栄を張らない使い方を心がけて!

 

金運を良くするのも悪くするのも、自分自身の心の持ち方しだいです。

 

 

人から無理だと言われたり、やめたほうがいいと言われても、自分が楽しめる、満足できると思うお金の使い方をしましょう。
人の意見に左右されるのではなく、あくまで自分自身の心がどうかということを基準にした使い方をすることです。

 

 

そうだからといって、自分がほしいものを何でも買ってもいいというわけではありません。
高価なブランドのバッグや靴など、今自分が持っているお金以上のものを無理して手に入れていいというわけではないのです。

 

 

お金は「無理をする」ことが大嫌いです。
お金は「楽しそうにしている人」が大好きなんです。

 

 

 

 

見栄を張らない使い方を心がけて、今自分が使えるお金の範囲で、自分が楽しめる、豊かな心になることに使うようにすることが、お金が循環し金運が良くなるポイントです。

 

 

>>「お金を増やすコツ、誰でもできる方法とは!?」のページに進む

 

>>「開け運!金運アップお助け情報局」TOPに戻る